占いアプリ「ウラナッテ」ってどうなの?と疑問に感じているそこのあなた!



Android iOS

ウラナッテ – チャット占いや電話占いで悩み相談 – 占い 無料 当たる 人気

街のハズレに占いの人が座っていた時代がありました。

もちろん今もそういう方が居て、厚い信頼を集めておられるでしょう。

筆者には縁のない世界でしたが、今回このアプリを利用することでぐっと身近になりました。

占いのアプリと聞いて、名前の画数とか生年月日をアルゴリズムに当てはめた変数で返答してくるのかなと思いきや。

どうやら占いの世界もネットを導入して様変わりしてしまった様子です。

新時代占いアプリ、ウラナッテの実力、紹介できればと思います。

これ、マッチングアプリですよね

所謂ガラパゴス携帯の時代、ゲームやったり若干怪しいサイトを眺めたりしてると片隅に見えていませんでしたか?

紫の効いた誰かさんの占いサイトの広告です。

あれは大体個人名が表に出ていて、的中率凄い人が占うよ、結婚時期当てるよ、的な売り出し方でした。

もちろん、安易に手を出せば高額な月額料金で、ごっそり現金が持ってかれます。

あの頃の携帯コンテンツはどれも法整備が整ってなくて無法地帯でした。

さて、このウラナッテですが、アカウント登録からして面白い作りで雰囲気出てます。

ナッテと名乗る猫の質問に答えてチャットしていく形式です。

途中には面白い選択肢があります。

占い師のタイプを選べって、なかなかエッジが効いてます。

ラフな口調の占い師って? 気になります。

最終的には自分のカルテが出来上がります。

どうやらこのカルテをもとにおすすめの占い師を選んでくれる様子です。

とりあえず1000Pもらえたようです。

1日10ポイントもらえるのかな?

そして沢山の占い師さんのサムネイルと、それぞれ違ったポイントが表示されます。

1文字何ポイントでやり取りしていく様子です。

1日10ポイントの回復と言うことであれば、安易に相談できません。

彼らの言葉は今も変わらず貴重なんです。

サムネイルの上に相性GOODのマークが見えています。

どうやら彼らが筆者のカルテ的に良さげだそうです。

ふむ、どっちも凄まじいネーミングです。

もうちょっと他にも見てみましょう。

王隠堂さんが筆者の琴線に触れました! 相性もGOOD!

そうでしょうとも、このパワーフェイス、是非ともお話を伺いたいです。

タップするとプロフィールに進みます。

気になるボタンを押すと「気になり中」というモヤモヤワードに変わります。

鑑定タイプに注目しましょう。

遅い(話し方)、遠まわしに言う、などなど。

なんて面白いんでしょう!

そしてどうやらこの方はチャットしか対応していないようです。

電話のポイントはまた高い数値です。でも文字数換算したらどっちがお得でしょう?

彼のプロフィールはパワーワードの宝庫でした。

どうやら悩みが解決する時期を未来予測するのが得意なようです。

その日の運勢を占ったら2時間程度ずれることがあるかもと書いてあります。

とりあえずこんな風にプロフを見ていって、大好きになった人に声をかけましょう。

占いを行うためにはそれぞれの専門家が要求する情報を、極力詳細に提供する必要があります。

これは占いの正確さを向上させるためには当然必要なことでしょう。

どうしても情報提供に抵抗があるならば、そういった情報を必要としない占い師さんを探すべきです。

また、かなり濃密にやり取りすることも想定すべきです。

せっかく声をかけた方からの助言、最後までやり取りしてしっかり活かしたいものです。

感想 占ってもらうまでが本番

はい、分かっていただけるかと思いますが、このアプリ、占いのことなんて考えてられません。

「誰に話を聞こうか? どうせなら可愛い子が良い! ポイントもったいなくないか?」

猫に答えた内容なんてあっという間にすっ飛びます!

ここでポイントの値段を明記します。

360pt 360円から。1文字6ptなら60文字しかやり取りできません。貴重です。

1回限り360円1000ptのセールが利用可能です。

ウラナッテはまさしく新時代の占いアプリです。多種多様な占い師を用意して、マッチングするという豪快な発想。

不特定多数を意識した時代にあった作りですが、自分のして欲しい占いを探すという現実的な機能に特化しています。

占いが好きな方は是非利用を検討してみてください。

Android iOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1970年代生まれ。東京都在住のブラック企業サラリーマン。ゲーム歴は30年以上。2008年に離婚し中学生の娘を育てるシングルファザー。昔からお金の管理がへたくそで失敗は数えきれないほど…ですがシングルファザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。お金や時間に縛られない生き方を日々研究中です。